シルクスキンクリーム公式サイト:https://www.defendre-donner.jp/

非常に高いスキンケア効果を発揮するということで、いま注目を集めている「シルクスキンクリーム」

☑毛穴
☑しみ
☑ハリ不足

などといった年齢とともに気になる症状を解決してくれるということで、いま話題になっているんです。

今回は、そんなシルクスキンクリームの「効果のヒミツ」を見ながら、どれだけ効果が期待できるのかを調査していきたいと思います!

シルクスキンクリームに興味があるあなたは、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

↑タップして好きなところから読めます♪

関連記事

シルクスキンクリームにはどのような効果が期待できる?

まずは、シルクスキンクリームにはどのような効果が期待できるのかを、再確認しておきましょう。

シルクスキンクリームには主に、

☑肌の水分量を増やし、潤いを保つ
☑不足しがちなコラーゲンを補い、ハリを取り戻す
☑肌のバリア機能を取り戻し、しみやくすみを防ぐ

などといった効果が期待できます。

シルクスキンクリーム公式サイト:https://www.defendre-donner.jp/

シルクスキンクリームの効果の秘密を成分や独自製法から分析

それでは、シルクスキンクリームにはなぜこのような効果が期待できるのか、そのヒミツを探っていきたいと思います。

シルクスキンクリームに含まれる成分

シルクスキンクリームには複数の有効成分が配合されていますが、中でもスキンケアに対して高い効果が期待できるのは以下の5つの成分です。

☑シルクフィブロイン
☑コラーゲン
☑ヒアルロン酸
☑エラスチン
☑EGF(天然保湿因子)

それぞれ、どのような作用を持っているのか詳しく見ていきましょう。

シルクフィブロイン

シルクフィブロインは、人間に必要なアミノ酸20種類のうち18種類のアミノ酸をもっていて、うち9種類は体内で生成できない「必須アミノ酸」を含んでいます。

人間の肌の構成要素に非常に近いため、アミノ酸・コラーゲン・エラスチンを肌にスムーズに浸透させる作用を持っており、研究によって肌の再生能力を2.7倍にまで高めることが分かっています。

コラーゲン

コラーゲンは、人間の全タンパク質の30%を占める成分で、お肌の弾力・ハリ・若々しさを保つためには欠かせない成分です。

お肌を美しく保つためには欠かせないコラーゲンなのですが、年齢とともにどんどん体内のコラーゲン量は減少していき、40代になると20代の半分以下になると言われています。

ですから、お肌を若々しく保つためにも、意識的に摂取したい成分でもあるんですね。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、ご存知の通り美容には欠かせない成分。

保水力に優れ、肌の柔らかさやなめらかさなどを保ってくれる働きがあります。

あたらしいお肌を作り出すもとになりますから、美しいお肌のためには必須の成分です。

エラスチン

エラスチンは、肌に柔軟性を与える成分で、コラーゲン・ヒアルロン酸とともに肌のキメを形成します。

ゴムのような弾力をもっており、肌に柔軟性を与えてくれるため、不足すると肌の弾力がなくなり、ガサガサになってしまうわけです。

EGF

EGFは、「上皮成長因子(じょうひせいちょういんし)」とも言い、肌を整える役割を担っている成分です。

人間が生まれながらに持っている、細胞の再生を促す因子を指し、紫外線や生活環境などで乱れがちなターンオーバーを正常に促すよう作用します。

発見された際にはノーベル賞を受賞した美容成分で、ヤケドの回復や傷の回復など、美容だけでなく医療の現場でも用いられる成分です。

シルクスキンクリームの独自製法

これらの成分を、よりお肌にしっかり浸透させるための工夫が、シルクスキンクリームには施されています。

主にシルクスキンクリームの効果の秘密は以下の2つのポイントにあります。

☑室戸岬の海洋深層水を使用
☑界面活性剤を使用しないことで有効成分を100%配合

それぞれ詳しく見ていきましょう。

室戸岬の海洋深層水を使用

シルクスキンクリームには、太平洋に面する高知県「室戸岬」から汲み上げられた海洋深層水が使用されています。

水深200mよりも深い水位から汲み上げられる深層水は、様々な水質汚染の影響を受けにくく、高い清浄性と豊富な栄養素を含みます。

室戸岬の海洋深層水はミネラルバランスが人間の体に近いため非常に浸透しやすく、通常の精製された水と比較して

角質層への浸透速度:3倍
肌環境を整える力 :5倍

と、先ほど見てきた成分をしっかりとお肌に浸透させてくれる力があるんです。

Wikipedia:「海洋深層水

界面活性剤を使用しないことで有効成分を100%配合

また、シルクスキンクリームには「界面活性剤」が使用されていません。

界面活性剤というのは、化粧品に含まれる水分とオイルを混ぜるために必要なものなのですが、界面活性剤を使用すると配合できる有効成分の量に制限が出てきてしまう上に、お肌にもダメージを与えてしまうんです。

シルクスキンクリームの場合は、有効成分の「シルクフィブロイン」に乳化作用(水分とオイルを混ぜる作用)があるため、界面活性剤を使用する必要がなく、お肌へのダメージを抑えるとともに有効成分を100%配合することを可能にしているんです。

シルクスキンクリームの効果の秘密 まとめ

シルクスキンクリームの効果の秘密は、

①複数の有効成分がお肌に有効に作用すること
②海洋深層水を利用することで、それらの有効成分をしっかりお肌に届けられること
③界面活性剤を使用しないことで、有効成分を100%配合できること

だということが分かりました。

 

含まれている成分も有効性が確認されているものですし、シルクスキンクリームには充分効果が期待できるのではないかと思います。

気になっているのであれば、一度試してみても良いかも知れませんね♪

それでは、最後までブログを読んでいただきありがとうございました。

シルクスキンクリーム公式サイト:https://www.defendre-donner.jp/

 

関連記事

おすすめの記事